ホーム > かずさDNA研究所は  

かずさDNA研究所は

 平成3年3月に千葉県の支援のもとに財団法人として設立された基礎生物学の研究所であり、 木更津市の東端にある「かずさアカデミアパーク」内の、緑豊かで、昆虫や小鳥などの多い恵まれた自然環境の中に立地しています。

 当研究所では、植物やヒトのDNAに刻まれた「生命の設計図」である遺伝情報を解読し、それに基づいて、細胞の中でさまざまな働きをしている遺伝子についての研究を行っています。当研究所は国内でも数少ない大規模な遺伝情報解読のための設備をもっており、植物や植物と共生しているバクテリアのゲノムの解読、ヒトの巨大遺伝子の解析などの世界的な研究を行ってきました。

 組織図に示しましたように、当研究所は、先端研究部技術開発研究部バイオ研究開発部の3つの研究部門のほか、事務部門として研究所の運営に当たるための企画管理部をもっています。現在、これまで行ってきた研究の成果の応用を目指し、植物のDNA研究を農作物の改良や植物による物質生産をコントロールするために発展させること、ヒトの遺伝子の研究を医学や創薬に応用し、いろいろな疾患の治療法の開発に役立てることなどに努力しています。また、研究所で行われている研究の実態やその活動を広く県民の皆様に知っていただくために、広報活動に努めています(詳細はそれぞれのページをごらん下さい)。