DNAを学ぼう

Q&A

 生物はみな細胞からできています。地球上には、単細胞の細菌(バクテリア)やカビの仲間などもいますが、動物や植物などのように、 たくさんの細胞からできている生物もいます。たとえば、ひとりの人間の体には60兆(これは百万の百万倍に当たります!!)もの細胞があるのです。そして、それぞれの生物は自分と同じ生物を生み、 何千年も生き続けているのです。

 どうしてこのようなことが可能なのでしょうか?それは細胞から細胞へ、また親から子へ同じ性質が遺伝しているからなのです。細胞の中のDNAには、遺伝のもととなる情報、 つまり「生命の設計図」があって、同じ性質を親から子へ、子から孫へと伝えていく役割をしています。親と子が、 また同じ種類の生物がよく似ているのはこのためです。

 このパンフレット(PDFファイル[4MB])では、まず皆様に日常生活の中でのDNAに関する5つの質問をお尋ねし、それらに対する答えを皆様が見つけるのをお手伝いするために、DNAについての基礎的な性質について説明しています。質問は以下の5つです。答えをごらんになる前に、ご自分でお考え下さい。

Q1:コシヒカリ米に他のお米が混ざっているって、どうしてわかるの?解答
Q2:「ミックス犬」ってDNAと関係あるの?解答
Q3:DNAを調べれば、その人にあった薬を処方してもらえるってホント?解答
Q4:犯罪捜査の「DNA鑑定」って何?解答
Q5:DNAさえわかれば太古の恐竜も生き返らせることができるの?解答