ホーム > 研究所の概要 > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

理事長:大石 道夫 公益財団法人 かずさDNA研究所
理事長
大石 道夫

 かずさDNA研究所は、緑豊かな自然環境と、東京湾アクアライン等の幹線道路網の整備により都心とのアクセスが飛躍的に向上し、 大きな発展の可能性を持つ上総丘陵に位置します。本研究所は国ではなく千葉県が支援するというユニークな研究所であり、 千葉県の推進する、かずさアカデミアパーク構想の先導的・中核施設として、バイオテクノロジーの根幹であるDNAを研究の中核に据え 1994年に開所しました。開所以来、短期間で「植物」や「ヒト」のDNA研究において多くの世界的研究成果をあげ、わが国を代表する DNAの研究機関という評価を得てきております。
 本研究所では、DNAの持つ膨大な遺伝情報を解析することにより、生命現象の解明といった基礎研究から植物の品種改良や医薬品の開発 といった応用研究にとって必要な基盤的情報を提供し、健康、食料、環境といった人類全体の課題を解決するとともにかずさ地域の発展に 寄与することを目指しています。
 我々は、日本のバイオサイエンス・バイオテクノロジーをリードする施設としての役割を自覚し、今後とも益々世界的な業績を出し続けて 行きたいと努力しております。どうか、皆様方の今までにも増したご支援、ご協力をお願い申し上げます。