ホーム > 研究所の概要 > 研究所のあゆみ

研究所のあゆみ

平成3年 2月14日 研究所設立総会開催
3月28日 民法第34条に基づく公益法人として設立(通商産業大臣認可)
初代理事長 平岩外四
4月1日 千葉市の蚕糸会館に事務局設置
平成4年 2月6日 特定公益増進法人の認可を受ける
10月22日 千葉県が研究所建設工事着手
平成5年 4月1日 千葉市内の農業大学校跡地施設に仮研究所を設置
6月24日 通商産業省及び科学技術庁の共管となる
平成6年 3月31日 木更津市内の本研究所建物竣工
10月26日 研究所開所
初代所長 高浪 満
国際雑誌「DNA RESEARCH」刊行
ヒトcDNAプロジェクト開始
平成7年 8月9日 開所からの見学者数が1万人を突破
10月21日 開所1周年記念公開講座
平成8年 2月末 ラン藻ゲノム(全塩基配列)解析完了(プレスリリース)
4月1日 (株)ヘリックス研究所が共同研究フロアーに立地
平成9年 9月1日 大石道夫 第2代所長就任
平成10年 5月 開所からの見学者数が5万人を突破
研究成果の産業利用を目的とした遺伝子機能研究開発制度の設立
当研究所と欧米の国際共同プロジェクトとして進められているシロイヌナズナのゲノム解析に関する実績に対し米国国立科学財団から当研究所をサポートする千葉県に感謝状が贈呈された。
平成11年   新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「完全長cDNA構造解析」事業に参加
平成12年 10月 「DNA Research Online」インターネット上で公表
12月13日 世界初のシロイヌナズナの全ゲノム解析完了(国際協力プロジェクト)(プレスリリース)
12月21日 ミヤコグサ根粒菌の全ゲノム解析完了(プレスリリース)
平成13年 2月 木更津市民栄誉賞を受賞
4月1日 沼田武 理事長就任
11月15日 理化学研究所と共同でヒトcDNA由来蛋白質の立体構造解析を開始(プレスリリース)
11月 科学技術振興事業団(JST)の「地域結集型共同研究事業」の研究開始。創薬の研究ツールの開発を目指す
平成14年 1月31日 カナダのMDSプロテオミクス社と共同研究を開始(プレスリリース)
2月28日 3種類のラン藻の全ゲノム解析完了(プレスリリース)
6月26日 植物と土壌微生物の共生に必須な遺伝子をミヤコグサで解明(プレスリリース)
7月 ヒトの遺伝子の国際登録件数が2000件を突破 特に大きなサイズ(4000塩基対以上)では世界の50%保有(プレリリース)
8月 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「植物の物質生産プロセス制御基盤技術開発」事業に参加
11月6日 植物の根に作られる根粒の数を制御する遺伝子をミヤコグサで解明(プレスリリース)
平成15年 1月28日 ダイズ根粒菌の全ゲノム解析完了(プレスリリース)
4月1日 大石道夫 理事長就任
5月17日
18日
天皇皇后両陛下当研究所御視察
第54回全国植樹祭が当研究所芝生広場をメイン会場として開催される
8月25日 ノーベル生理学・医学賞受賞者のポール・ナース博士が来所し講演
10月8日 根粒菌との共生に必要な遺伝子をミヤコグサで解明(プレスリリース)
平成16年 5月25日 開所以来の見学者数が10万人を突破
10月24日 開所10周年記念式典・講演会を開催
平成17年 5月30日 かずさバイオ共同研究開発センター開所
7月21日 新たな産学官共同研究を開始
「トマト機能性成分を活用した花粉症・生活習慣病対策食品の開発」
8月1日 皇太子殿下当研究所御視察
9月9日 米国プロメガ社とバイオテクノロジーの分野に関する共同契約を調印
9月12日 株式会社メディビックと新薬開発等支援事業の共同開発を開始(プレスリリース)
平成18年 3月 中期経営計画を策定
6月26日 共同研究プロジェクトの成果を製品化・有償配布の開始 (プレスリリース)
11月18日 第一回かずさDNA研究所公開講座を開講
11月20日 米国プロメガ社との共同研究によるヒト遺伝子クローンの配布を開始 (プレスリリース)
平成19年 8月9日 理化学研究所及び厚労省調査研究班との共同研究を開始 (プレスリリース)
9月14日 バイオ産業技術支援センター設置
平成20年 1月10日 アオコ形成藻ミクロシスティス・エルギノーサの全ゲノム解読に成功(プレスリリース)
4月18日 トマトに隠された健康成分を見抜く〜生体の成分組成を一挙に解析する手法を開発〜(プレスリリース)
5月29日 マメ科植物ミヤコグサのゲノム解読について(プレスリリース)
12月15日 全世界に向けて新たなヒト遺伝子クローンの配布を開始(プレスリリース)
平成21年 3月 中期経営計画(第2期)を策定
11月5日 トマトのゲノム解読に世界で初めて成功(プレスリリース)
平成22年 6月21日 稀少疾患の原因遺伝子検査拠点に向けての活動を開始(プレスリリース)
12月13日 バイオ燃料植物(ナンヨウアブラギリ)のゲノム解読に世界で初めて成功(プレスリリース)
平成23年 4月21日 田畑哲之副所長が文部科学大臣表彰を受賞
9月1日 ハクサイの全ゲノム解読に成功(プレスリリース)
10月1日 山本正幸 第3代所長就任
平成24年 1月10日 ユーカリの全ゲノム解読に成功(プレスリリース)
3月 中期経営計画(第3期)を策定
4月1日 公益財団法人に移行し、名称が「公益財団法人かずさDNA研究所」となる
5月31日 トマトの全ゲノム解読に世界で初めて成功(プレスリリース)
平成25年 10月1日 田畑哲之 第4代所長就任
10月18日 「根粒菌のダイズへの新規共生経路の発見〜病原菌から共生菌への進化の解明に向けて〜」についてプレスリリースを行いました。
11月27日 食用イチゴの全ゲノム解読に世界で初めて成功(プレスリリース)
12月18日 カーネーションの全ゲノム解読に成功(プレスリリース)
平成26年 3月13日 千葉県立長生高等学校との教育協定を調印 (プレスリリース)
5月17日 ダイコンゲノムを世界に先駆けて解読 (プレスリリース)
9月19日 ナスの全ゲノム解読に成功 (プレスリリース)
10月1日 かずさDNA研究所開所20周年記念マスコットキャラクターが決定 (プレスリリース)
平成27年 3月25日 サツマイモ近縁野生種のゲノム解読に成功 (プレスリリース)
6月 中期経営計画(第4期)を策定
9月29日 かずさDNA研究所発ベンチャー企業が設立 (プレスリリース)