ホーム > 研究内容 > 染色体工学チーム

研究内容

染色体工学チーム

わたしたちの活動

わたしたちの活動の目的

 いろいろな病気が遺伝子レベルで解明され、医療現場でも遺伝子解析が行なわれるようになってきました。ヒトの塩基配列に関する膨大なデータを利用して、多くの病気の原因遺伝子の同定が試みられています。同じ病気と思われていたものが、原因遺伝子の違いにより区別できるようになり、遺伝子を調べることで特定の病気になりやすいリスクの程度を予測できるようになってきました。わたしたちはヒトの病気に関連する遺伝子変異をマウスのゲノムに導入した疾患モデルマウスの作製を進めています。疾患モデルマウスの作製とゲノムエンジニアリングの技術提供を通してヒトの病気の理解を深め、治療薬の開発や診断への貢献を目指します。

わたしたちの活動の特徴

 さまざまな病気の発症機序を明らかにするためには、それらの疾患モデル動物の作製のための複雑なゲノムエンジニアリングが必要です。わたしたちはゲノム上の特定の遺伝子領域を操作するための「新規部位特異的組み換え酵素技術」を開発し、特許を取得しました。この独自技術をマウスゲノムの改変に用いるだけでなく、改良型のヒト人工染色体(HAC)を構築する等の開発研究にも活用しています。また、外部研究機関との共同研究で「ヒト一般病の関連遺伝子同定のためのコンディショナルノックアウトマウス・パイプラインの構築」を進め、健康問題の解決に貢献します。

社会への貢献、産業への支援

 ある病気の患者さんや病気予備軍の方々に特異的に見いだされた一塩基多型(SNPs)の知見をもとに、それらの変異をもつ疾患モデルマウスを作製することで、遺伝子変異と病気の関係を明らかにします。蓄積される情報や疾患モデルマウスは、将来的な治療方法の開発に大きく役立ちます。また、臨床サンプルの塩基配列を安価でハイスループットに決定する技術基盤を整備し、医療現場で役立つ診断データを提供するシステムを作ることを目指します。疾患モデルマウスの作製で培ったノウハウを千葉県内外の研究所や民間企業に提供するだけでなく、ゲノムエンジニアリングの独自技術をライセンスすることにより、産業界との連携を深めていきたいと考えています。

 

植物ゲノム応用研究室

 

(A)汎用されているCre部位特異的組み換え酵素に当研究所で見いだされたVCreとSCreの特異性の異なる2つの酵素が加わることで、さまざまなゲノム改変が可能になります。

(B)ゲノム上の一塩基の違い(SNPs: 一塩基多型)により、遺伝子産物の発現や構造が変化し、病気のなりやすさに違いがでる場合があります。(C)ヒト人工染色体(HAC)は、通常の染色体と同様に2つの娘細胞に均等に分配されるミニ染色体で、実験マウスへの遺伝子導入などにも活用できます。

 

研究室メンバー

中山 学 チーム長 nmanabu at kazusa.or.jp