ホーム > 見学のご案内 > 研究所一日公開  

研究所一日公開

かずさDNA研究所では、広く一般の方々を対象に、DNA研究の重要性や研究成果に関する理解を深めていただけるよう、「科学技術週間*」に合わせて、研究所の一日公開を開催しました。

*4月18日の「発明の日」を含む月曜から日曜までの一週間で、平成28年は、4月18日(月)から4月24日(日)です。

平成28年度「かずさDNA研究所一日公開」 開催結果

 一日公開は初めての試みでしたが、総勢673名の方にご参加いただくことができました。申し込みの情報では、参加者の半分が木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市在住の方で、およそ97%が千葉県内在住の方でした。ご参加をどうもありがとうございました。

日時 4月23日(土)10時00分〜15時00分
場所 かずさDNA研究所
内 容

【研究所を見てみよう】
          ・DNA実験の器具・機材を見てみよう!
          ・DNA配列はどのように解読するの?
          ・研究室をのぞいてみよう!
          ・かずさアカデミアパークをながめよう!

【DNAを学ぼう】
          ・ビデオを観ながらゲノムを知ろう!
          ・ミニセミナーを聞いてみよう!
           (1)植物ゲノム情報を品種改良に役立てる
           (2)遺伝子解析を病気の解明に役立てる
          ・サイエンスカフェで研究者と語ろう!
          ・おやつ電池を見てみよう!

【DNA実験を体験しよう】
          ・実験器具を使ってぬり絵をしよう!
          ・身近な食品からDNAを取り出そう!
      ・自分の細胞を見てみよう!
          ・生物発光を見てみよう!
           (1)深海エビ
           (2)オワンクラゲ

【その他】
          ・DNAキーホルダーをつくろう!
          ・ゲノムクイズに挑戦しよう!
          ・スタンプラリーで景品をもらおう!
          ・アンケートに答えてDNAをもらおう!
          ・市原八幡高校理科部による研究発表
       (当研究所による研究支援)


*詳細はイベント案内(PDF)でご覧いただけます。(PDF: 19.9MB
「自分の細胞を見てみよう!」は1番人気だったようで、体験できなかった人ゴメンなさい! 自分の細胞をきれいに見ることができましたか?
「DNAキーホルダー作り」2本のひもでDNAを作っていきます。 誰の二重らせんが一番上手にできているでしょうか。
「身近な食品からDNAを取り出そう!」1度に100名近くの方に実験をしてもらいました。 みなさん真剣に講義を聞いてますね。
「DNA実験の器具・機材を見てみよう!」では見慣れない器具に興味津々! 実際に触ってみて、研究者気分を味わうことができました。
「実験器具を使ってぬり絵をしよう!」では、マイクロピペットを使って、ぬり絵体験。 未来の研究者は初めて触る器具を上手に使いこなせるかな?
「ゲノムクイズに挑戦しよう!」正解したらダーナシールをプレゼント!! 「生物発行を見てみよう!」では、オワンクラゲや深海エビの発光を実験的に再現できました。
平成28年熊本地震災害義援金にご協力頂きありがとうございます。総額11,219円を熊本県に寄付いたしました。 「研究室をのぞいてみよう!」では当研究所の研究員が熱心に研究活動を紹介していました。
研究所の食堂で持参のお弁当に舌鼓を鳴らしていました。 この日は天気も良かったので、芝生広場でお弁当を食べる方もいらっしゃいました。
「ミニセミナーを聞いてみよう!」では、質疑応答も真剣でした。 最新の研究を簡単なセミナー形式で楽しんでもらいました。
「サイエンスカフェで研究者と語ろう!」最初は緊張気味でしたが、 しばらくすると、研究者にいろんな質問が飛んでいました。