DNA解析センター

DNA 解析センターでは、かずさ DNA 研究所がこれまでに培ってきた最先端の各種 DNA 解析技術や蓄積された塩基配列情報を最大限に活用し、研究所が保有する最新の分析機器を用いて DNA・遺伝子分野の研究をサポートします。

さまざまな実用植物や微生物を対象とするゲノム関連解析、DNA マーカーの開発やそれを活用した育種支援、品種識別やF1種子の純度検定、さらに種子病害検査等を通して、「農産物の品質向上」、「食の安全・安心」、「農産物の適正な流通」等に活用できる DNA 解析技術を広く社会に提供し、世界的に深刻になっている食糧不足や食の安全などの問題解決に貢献します。

DNAマーカーの開発

植物のゲノムやcDNAの塩基配列情報をベースに、DNAマーカーの種類(SSR/SNP)に最適な多型検出システムを利用して、質の高いDNAマーカーの開発を行います。また、近年の次世代シークエンサーの普及および塩基配列解析技術の進歩により、DNAマーカーの開発に大規模な塩基配列情報を利用できるようになりました。当センターでは、より安定性が高く、応用範囲が広いDNAマーカーの効率的な開発に取り組んでいます。
実施内容: F1種子純度検定用マーカーの開発、選抜育種マーカーの開発ほか

DNAマーカーの利用

既存のDNAマーカーを利用して、農作物などのDNA型を分析し、マーカー選抜や品種識別、純度検定を目的とした品種・系統の特定を安価かつ正確に行います。
実施内容: F1種子純度検定、多型解析による品種識別、マーカー大規模タイピングほか

ゲノム情報解析

高性能の計算機器と最新の解析プログラムを使用して、経験豊かな研究者が、アセンブル、遺伝子予測、相同性検索、DNAマーカー候補の探索、RNA-Seq解析などの様々なバイオインフォマティクス解析をお手伝いします。
実施内容:ゲノムリシーケンス、RNA-Seq、RAD-Seq、GRAS-Di 、Iso-Seqほか

種子検査

弊所では農林水産省の6次産業化・新産業創出促進事業の支援を受け、 国内で病害検査ができる公的・民間検査機関の情報を提供するための窓口として「種子検査情報データベース」を開設し、情報提供に加えて種子品質検査サービスも実施しています。

専用HP:種子検査情報データベース

お問い合わせ

その他の情報

関連情報